これからはじまる私のプロジェクト

はじめまして
愛媛県の南、真珠とみかんの街宇和島市在住のりえです。

もともとは医療職で働いていたのですが
夫の仕事が、周期もどこへ行くかもわからない転勤族で
家族とともに過ごすことを優先するか
自分の仕事をどのように続けていくかを模索中です。

目次

なぜデジ女をめざすのか

夫の会社、移動の辞令は3/1に発表され、4/1には移動先で仕事始めです。
1ヶ月しかないとなると、ほんとに困ります。
会社によっては、3ヶ月前には届け出を出さないといけないところもありますし
いつ転勤を言い渡されるかわからない状況での就職は
たとえパートでもなかなかありません。

以前勤めていた会社では、小さなミスをしたとき
「どうせいつ辞めるかわからんから、適当にやってるんだろ」と
付け加えられ悔しい思いをしたことがあります。

そんなとき出会った愛媛デジ女プロジェクトに参加してみようと思いました。

わたしにできること

とはいえ、わたしにできることはなんだろう
SNSでの発信は、すこししているけれど
自分で言葉を紡いでいくことは難しいとまだ感じています。

誰かの文章を校正することはわりと得意かもしれません。

昨年から小学校の広報誌担当になっていて
これが思ったより楽しくて、こういうのも好きだなと感じたことでした。

役員さんたちの雰囲気を見ながら、どう進めていくのかを組み立てたり
みんなの出してくれたものを繋げていくのも面白くて
その広報誌が、市のコンクールで最優秀賞をいただいたときは
すごくうれしくて、好きかも…から好きだわに変わった瞬間だったかもしれません。

理想の働き方

「はたらく」ということを「どこかに雇用される」と考えていた頃
会社の要求に自分を合わせていくことを常にしていたため
ものすごくしんどくなり、いまはどこにも所属していません。

コミュニケーション能力にたけているわけではないけれど
人と関わることはすきで、誰かに会うたびに
いろんな選択肢の幅が広がっている気がします。

いつでも、どこにいてもできる仕事
それが他の人の役に立つ仕事であればとてもよくて

家族との時間も、自分の時間も持つことができて
同じ方向を向いている仲間と繋がりながら
環境が変わったとしても続けていける

そんな働き方が出来るのでは??と思えちゃったのが
愛媛デジ女プロジェクトな気がします。

これから少しずつ、それを実現していく過程を
ここに記録できたらなと思います。


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URL Copied!

この記事を書いた人

マヤ暦やアクセスバーズ®を通して、自分と衣食住の心地よさを提案しています。また、人と人、人とモノ、場所をつないでいきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる